未成年をセフレにするリスク

セフレを作るときに選ぶ相手の年齢は気にするようにしましょう!

出会い系サイトをみるとタイプも年齢層も異なる女性たちにたくさん見つかります。どの女性もセフレとなる男性を探しています。ですから、恥ずかしがらずに積極的にアプローチをしていきましょう。

セフレにしたくなる女性とは

男性がセフレにしたくなる女性の特徴としては、1つには普段なかなか接することがないタイプの女性です。たとえば、人妻なども若い世代の男性だとなかなか接することはありません。他に接する機会の少ない女性のタイプとしては、未成年の女の子でしょう。未成年の女の子とも出会い系サイトで出会うことは可能なのです。

ただし、大手や優良の出会い系サイトでは、年齢認証により登録できないことが多いです。ですので、探すときには大手や優良以外の出会い系サイトを利用していくことになるでしょう。また神待ち掲示板を利用してみるといいでしょう。神待ち掲示板の利用については、子ページにて紹介しています。

未成年の女の子と法律

未成年の女の子とセックスをした場合罰せられることになります。たとえば、児童売春だと1か月以上5年以下の懲役または、300万円以下の罰金が課せられてしまいます。
さらに児童福祉法違反ならば10年以下の懲役または300万円以下の罰金が課せられてしまいます。

また、青少年健全育成条例だと懲役が最大2年、罰金が100万円となります。
そして、一番重くなるのは女の子が13歳以下の場合です。強姦罪で3年以上の懲役、わいせつ罪で10か月以上かつ10年以下の懲役が課せられます。

こうしてみると、さまざま法律や条例にて、罰せられるようになっており、つまりは禁止されていることになっています。
それだけ、未成年の女の子とのセックスはリスクを負うのです。また、控訴時効も長いと10年あります。ということは10年前のセックスで訴えられるなんてこともあるのです。

楽しいセックスをしても、そのあとに常に捕まるのではという不安もずっとつきまとうリスクを背負うのです。他にも、もし捕まればそれまでの生活や仕事もできなくなってしまうでしょう。結婚していた人は離婚してしまったり、また住んでいるところから離れないといけなくなることもあります。未成年の女の子をセフレにするとこれだけのリスクがあるのです。

最後に未成年のセフレについてのマトメ

こうしたリスクを知ってさえも、未成年の女の子をセフレにしたい、セフレ 欲しいと思いますか。それでもリスクをおかしてさえもという男性もいるでしょう。セフレ選びには気をつけないといけません。

Comments are closed.